グレインフリーのものを選択しよう

ペットフードを選ぶ際のポイントとしては、その他にもグレインフリーが挙げられます。普段からホームセンターや通販などでペットフードを購入しているという方の中には、商品のパッケージにグレインフリーという文字を見たことがある方もいるのではないでしょうか。グレインフリーとは主に穀物が使われていないことを示しています。

猫の中にはアレルギーで悩む子も少なくありません。アレルギーの症状として挙げられるのが首や耳あたりを執拗に掻いたり、舐めたりする行為です。舐めることで菌が付着して、肌荒れの原因になります。また、執拗に掻くことでその部分に傷ができることもあります。症状が深刻化すると、外耳炎や嘔吐などの症状が見られることもあります。

アレルギーになる原因は様々な点が挙げられますが、原因の一つとして挙げられるのが食事です。つまりペットフードになります。ペットフードの中には穀物が使用されている商品もあります。穀物で使用されることが多いのが、とうもろこしや小麦です。もしこのような穀物が原因でアレルギー反応が出ているのなら、ペットフードを穀物不使用のものに変更するだけで改善が見られることもあります。アレルギー対策をするために、グレインフリーのキャットフードを選択する飼い主さんも少なくありません。

タンパク質の割合や質を購入する前に事前に調べよう

ペットフードを選択する時にタンパク質のことを考えて選択する飼い主さんはまだ少ないものです。無添加などの安全な食事ついて考える人は多くなっていますが、タンパク質は猫にとって重要な栄養素の一つです。タンパク質を効率的に与えることで良質な筋肉を付けることができます。

ペットフードにはよく炭水化物が含まれていますが、猫は炭水化物を多く摂取することが苦手な動物です。そのため、今では低炭水化物でありながらタンパク質が高い割合を占めているペットフードが選ばれる傾向にあります。猫に必要なタンパク質の量はAAFCO基準で26パーセント以上とされています。タンパク質の割合が高ければ高いほど猫の健康を考えたペットフードであるとは一概には言えませんが、ペットフードを選ぶ際の一つの基準になるのではないでしょうか。

良質なタンパク質を摂取することで、次のような効果を期待することができます。例えば口臭や便臭が自然になる効果を期待できます。最近飼い猫の口臭を気にしている飼い主さんもいるのではないでしょうか。歯石などが蓄積すると口臭が強くなる可能性があります。良質なタンパク質を与えることで、口臭や便臭を改善して自然な匂いにしてくれるので、気にしている飼い主さんは良質なタンパク質が使用されているペットフードを選択するとよいでしょう。

これから子猫と一緒に生活しようと思っている方はペットフードについて考えよう

近年では猫ブームが巻き起こっており、猫と一緒に生活をしている人たちが増えてきています。実際にこれから子猫と一緒に生活を始めようと思っている人もいるでしょう。健康的な生活を送るためには、ペットフードの選び方について考えなければなりません。まず子猫の場合には大切となるポイントがいくつかあるので紹介をします。

まず1つ目は動物性のタンパク質が豊富に含まれているペットフードかどうかの確認をすることです。市販には子猫用のペットフードは売られていますが、子猫用だからといって安心して購入するのはよくありません。例えば子猫用のものの中には栄養価があまりよくないペットフードも存在しています。そのため、購入前にはたんぱく質や脂質、カロリーが高めのフードを選ぶようにしてあげましょう。

続いて2つ目は穀物についても考えるということです。猫は穀物を食べられないわけではありませんが、好んで食べるということはほとんどありません。本来猫は肉食系です。食べなければ生きていくことができないので、与えられれば穀物でも口に運びますが、穀物中心だと消化がうまくできず、健康的にもあまりよくないと言われています。穀物類は価格も安いので購入しがちですが、猫の健康のことも考えて穀物はできる限り少ないタイプを選ぶようにするといいでしょう。特に子猫の場合は消化が難しくなるので、しっかり考えた方がいいポイントです。

ここでは子猫のペットフードについて説明しましたが、他にもペットフードで考えたいポイントは色々と存在しています。これから購入を検討している方のためにも、選ぶときのポイントについてこのサイトでは解説をします。