グレインフリーのものを選択しよう

ペットフードを選ぶ際のポイントとしては、その他にもグレインフリーが挙げられます。普段からホームセンターや通販などでペットフードを購入しているという方の中には、商品のパッケージにグレインフリーという文字を見たことがある方もいるのではないでしょうか。グレインフリーとは主に穀物が使われていないことを示しています。

猫の中にはアレルギーで悩む子も少なくありません。アレルギーの症状として挙げられるのが首や耳あたりを執拗に掻いたり、舐めたりする行為です。舐めることで菌が付着して、肌荒れの原因になります。また、執拗に掻くことでその部分に傷ができることもあります。症状が深刻化すると、外耳炎や嘔吐などの症状が見られることもあります。

アレルギーになる原因は様々な点が挙げられますが、原因の一つとして挙げられるのが食事です。つまりペットフードになります。ペットフードの中には穀物が使用されている商品もあります。穀物で使用されることが多いのが、とうもろこしや小麦です。もしこのような穀物が原因でアレルギー反応が出ているのなら、ペットフードを穀物不使用のものに変更するだけで改善が見られることもあります。アレルギー対策をするために、グレインフリーのキャットフードを選択する飼い主さんも少なくありません。